日常生活に様々な支障を出さないために|緊張型頭痛を改善しよう

頭痛

こんな事が原因だった

先生

「今日はなんだか頭が痛いなあ」そう思う日が最近増えてきていませんか。頭痛には様々な原因がありますが、あなたの頭痛は緊張型頭痛かもしれません。緊張型頭痛とは、何かしらの原因によって頭がギューっと締め付けられるように痛む状態の事です。原因に考えられることとして、首や肩のコリがあげられます。オフィスワークや長距離の運転など、長い時間同じ姿勢をとっていると筋肉の緊張が起こります。そのまま同じ姿勢を続けていると、首や肩に疲労物質が溜まりそれが刺激になって緊張型頭痛が起こるのです。一度痛みを感じてしまうと、もう辛くて仕方ありませんね。しかし、仕事でパソコンを使う方は頭が痛いからと言って使わない訳にはいきません。緊張型頭痛は筋肉のコリが原因となる事が多いので、お手洗いに立つ、コピーをとるなどといった時に少し体を動かすといいですね。「そんなにしょっちゅう動いていたら、サボっているようで嫌だ」と思われるかもしれません。そんな時は女性でしたら髪を軽く整える仕草をする、男性でしたらネクタイを調整するフリをする、などがおすすめです。これでしたらさりげなく肩周辺の筋肉を動かすことが出来ます。ただし、あまり頻繁にやりすぎると回りにあまりいい顔をされないと思いますので時々にして下さいね。他にも、時々首をグルグル回すと気持ちがいいですよ。また、右の物を取るときは左手で、左の物を取る時は右手で取るとなど効率の悪い動きをすると筋肉がほぐれます。あとはあまり深く考えず、首と肩が気持ちがいい動きを取り入れてみるのもおすすめです。

ストレスが全くない人はいないと思います。だれにも起こりうるものです。しかし、ストレスを感じると肩や首周辺に力が入り緊張型頭痛を起こしやすくなります。そのため、「小さな事は気にしない」「なんとかなる」という気持ちを少し持ってみるといいですね。緊張型頭痛に悩んだ時には、ストレスへの対処方法を学べる心療クリニックや精神科に通院するのも良いでしょう。心療クリニックや精神科では、緊張型頭痛治療の相談にも応じています。緊張型頭痛には、時々起きるタイプと連日で継続的に起きるタイプとがあります。タイプによって、クリクックでの治療法が変わってくるので、きちんと診断を受けましょう。 心療クリニックや精神科での治療としては、薬物療法があります。痛みを緩和する薬は、緊張型頭痛でも突発的なタイプには効果的であると言われています。しかし、薬物治療を長期で続けてしまうと胃腸への負担も大きくなるので、注意が必要です。薬物療法には、痛みの緩和だけではありません。心療クリニックなどでは、頭痛の原因となる不安を取り除くための薬を処方することがあります。なぜなら、緊張性頭痛の原因は不安やストレスであることが多いからです。さらなる改善のために、筋肉の緊張を解きほぐすための薬も一緒に処方することがあります。医師に処方された薬を飲む時には、きちんと用法と用量を守るように心がけましょう。医師に支持された用法と用量を守らなければ、適切な治療効果を得ることが難しくなります。また、ストレスを溜め込まないような生活を心がけることも大切です。心療クリニックや精神科医では、ストレスを溜め込まないような考え方についての指導もしてもらえます。ストレスと上手に付き合うためには、ストレス対処の専門家から話を聞くのが有効なのです。

Copyright©2015 日常生活に様々な支障を出さないために|緊張型頭痛を改善しよう All Rights Reserved.