日常生活に様々な支障を出さないために|緊張型頭痛を改善しよう

頭痛

こんな事が原因だった

先生

ストレスを抱えたり、同じ姿勢でいることが多い現代。それにより緊張型頭痛を訴える人が多くなってきています。緊張性頭痛を治すためには、筋肉をほぐすストレッチをしたり、ストレスを解消したりすることが重要です。心療クリニックなどに相談することで、薬物治療などを受け、早期緩和が可能です。

詳しくはコチラ

頭の痛み

病院

頭痛の症状を訴えている人の7割が、緊張型頭痛の症状を抱えています。これは肩コリが原因で引き起こされる頭痛です。パソコンやスマホの長時間使用が直接的な原因になっているケースが多いのですが、生活習慣を改善することで頭痛が起こりにくくなります。

詳しくはコチラ

ストレス頭痛について

頭痛

緊張型頭痛は多くのヒトが経験するストレスによっておこる頭痛です。締め付けられるような痛みが反復しておこる型と毎日のように続く型があります。治療には非ステロイド系抗炎症薬や精神安定剤が、予防には選択的セロトニン再取り込み阻害剤が用いられます。ライフスタイルの改善も重要です。

詳しくはコチラ

頭痛の対処法

先生

頭痛が起こっていると、普段通りに元気に動き回ることができなくなってしまいます。しかし、骨折のように見た目でパッとわかる症状ではないため、周囲の理解を得にくく、単なる怠け病として扱われてしまうケースがしばしばあります。 頭痛は、その症状の違いによって、大きく3種類に分類することができます。それは、偏頭痛、緊張型頭痛、混合型頭痛の3つです。この3種類の中で一番軽視されがちなのが、緊張型頭痛です。緊張型頭痛というのは、睡眠不足や体調不良の時によく起こる、ごく一般的な頭痛です。頭全体をギューッと締め付けられるような重い痛みだと表現されることが多いですが、市販の頭痛薬で対処することができるため、軽く見られてしまう傾向が強いです。 しかし、緊張型頭痛を甘く見ていると、治療が困難な混合型頭痛に移行してしまうことがありますので、注意する必要があります。また、あまりにも市販の頭痛薬に頼りすぎていると、薬物誘発型の頭痛になってしまう可能性があります。ですので、緊張型頭痛の症状が頻繁に起こっている人は、市販の頭痛薬を素人判断で飲み続けるのではなく、頭痛の専門医の診察を受けるようにした方がよいです。 早期に適切な治療を受けるようにすれば、慢性的な経過をたどることを避けられるようになります。先程も述べたように、緊張型頭痛が慢性化して混合型頭痛になってしまうと、簡単には治せなくなってしまいます。たかが頭痛程度で病院に行くのは恥ずかしいと考える人がたまにいますが、頭痛のせいで日常生活に様々な支障が出てくるようになる前に、適切な方法で対策を講じる方が賢明です。

緊張型頭痛という診断を下された場合、薬物療法が採用されるケースはそう多くありません。もちろん、症状が重くて日常生活に影響が出てしまっているような場合は、鎮痛剤や筋肉の緊張を緩める薬、血行を改善する薬などが処方されます。また、頭痛の症状の陰に何らかの心理的要因が隠れていそうな場合には、精神安定剤などが処方されることもあります。ただし、多くの場合は、薬物療法ではなく、生活習慣の改善指導を受けることになります。 そもそも、緊張型頭痛の場合は、頭部筋郡の過緊張が原因で血行不良が生じ、その結果として痛みが発生しています。そのため、頭部や首、肩などをマッサージしたり温めたりしてやるだけで痛みが治まってしまうことが多いです。簡単に言うと、肩コリや首コリが原因で発生する頭痛ですので、肩コリや首コリが起こらないような生活を心がけるようにすることで、頭痛の発生を抑止できるようになるのです。最近は、仕事の関係で1日中デスクに張り付いてパソコンを使用しているという人が多くなりました。長時間同じ姿勢を取り続けていれば、肩や首、背中などの筋肉が過剰に緊張して凝り固まってしまいます。その結果、緊張型頭痛で悩む人が増加しているのですが、生活習慣を変えるために仕事を辞めるわけにはいきません。でも、医師の指導を受けながら、日常的に軽いストレッチ運動などを行うようにすることで、緊張型頭痛を起こしにくくすることができます。薬に頼らずに頭痛を治せるに越したことはありませんので、今後は病院を受診して生活改善指導を受ける人が増えるのではないかと予想されています。

Copyright©2015 日常生活に様々な支障を出さないために|緊張型頭痛を改善しよう All Rights Reserved.